フォーフォー&バインミーバインミー

今日は、ベトナムの食文化について少し紹介したいと思います。

まずは、地図です。
ベトナム地図
ベトナムは古来から、中国文化の影響を強く受けてきていて、料理にも中華料理の影響が色濃く現れています。

しかしながら、
19世紀から20世紀にかけては、フランスの植民地統治を受けていたため、他のインドシナの国々同様、フランスの食文化の影響も多く残されています。例えば、バケット(パン)、コーヒー、プリンなどが日常の食生活の中に定着しています。食におけるタブーはほとんど存在せず多彩な食材を扱っています。
食に対するタブーが少ないのは、素晴らしいですね。

ベトナム料理の一般的な特徴として、小魚を塩漬けにして発酵させた魚醤(ヌックマム、Nước mắm)などの発酵調味料を使うこと、麺類や春巻の皮なども小麦ではなく米から作ることなどです。

また、料理の付け合せなどに、 なます(当店では、バインミーに挟んでいます。)、生野菜類、パクチー等の香草類をふんだんに用いることが特徴とも言えます。

なおこのような香草類はあらかじめ料理に入っているわけでなく、別皿に盛られ提供され、好みでトッピングする事が多いのも特徴的です。唐辛子も通常は別の小皿で提供され、好みでトッピングすることが多いのです。

お好みでトッピングできる。というところがそれぞれの気持ちを尊重しているな。と思い共感しました。
バインミー☆マジェステック元城でも、お客様のお好みで食事を楽しんで頂ける様に努力して行きたいと思います。

1